トップページ会社情報制作番組スタッフ

スタッフ

第一制作本部部長  / チーフディレクター 田口誠一郎 / 報道番組担当

 

                                             (2001年入社)

     

 

情報番組から報道番組に移り、ニュースを担当するまで、

 

政治にまったく興味のなかった僕。

 

時の総理大臣の名前ほどしか知識がありませんでした。

 

しかし毎日、新聞を読み、ニュース番組などを見て、勉強するにつれて、

 

僕らの知らない所で国民生活に直結する大事な法案がいくつも成立し、

 

進められていることを知りました。

 

僕らメディアの役割は、政治をわかりやすく噛み砕き、

 

いかにわかりやすく視聴者に届けることができるか。

 

社会・事件の動きをいかに迅速に正確に伝える事ができるのか。

 

しかし、一番大切なのは視聴者ファーストであることです。

 

視聴者目線に立って、今何が知りたいのか?何に興味があるのか?

 

何を伝えたいのかー。

 

毎日それを考えながら、日々奮闘する3児のパパです!

 

 

第二制作本部制作課長 / ディレクター  A・S  / コンテンツ事業担当(2008年入社)

 

 

以前は、まったく別ジャンルの仕事をしていたのですが、

 

どうしてもテレビや映像の仕事がしたくて、約1年間「モジモジ」したあげく、

 

意を決して転職しました。最初は戸惑うこともありましたが、

 

まわりの人や環境に恵まれ、楽しみながら仕事をしています。

 

今は主にDVDプロデュースをしながら、

 

VPやスポーツ番組にも携わっています。

 

さらに全国のアイドルを番組に呼び込んでのライブ収録番組にも、

 

ディレクターとして携わっています。

 

あの懐かしき「モジモジ」を無駄にしないためにも、

 

今後も楽しみながら仕事したいです。

 

 
ディレクター  T・S  /  報道番組スポーツコーナー担当(2007年度 新卒採用)
 

 

スポーツの“感動”を視聴者の皆様にお届けするべく日々、

 

取材現場を飛び回っています。

 

自分が作るVTRがひとりでも多くの人の心に響くように、

 

またスポーツの“面白さ”が伝わるようにこれからも努力します!

 

目標はマイナースポーツの普及。

 

自分がこれやと思ったものを企画し、取材・放送することで、

 

多くの視聴者にマイナースポーツの魅力を発信し続けたい。

 

ロシア・ソチの冬季オリンピックを現地取材しましたが、

 

さらに2年後のブラジルを目指して精進してまいります。

 

 
ディレクター  M・N  /  情報番組・スポーツ担当
 

 

主に野球などのスポーツ取材を中心に幅広いVTRを手がけています。

 

編集はもっぱらノンリニア編集。

 

取材からクライアントへの納品まで全てを自分で行っています。

 

遠く青森から東京→大阪へとさまよい続けてウン十年、

 

行き着いた先がここ第二の家。

 

日夜、取材と編集に明け暮れています。片手に食べ物はかかせません。

 

 
アシスタントディレクター  Y・S / バラエティ番組担当(2010年入社)
 

 

華やかで夢のような貴重な経験が多いけれど、

 

デコボコ道すぎて乗り越えるのが

 

やっとなことも沢山!!そんなこの世界にきて、早や4年が過ぎました…。

 

努力しがいのあるこのお仕事で、

 

ちょっとずつでも成長していってる…と信じて!

 

自分の中で小さな目標を設定し、少しずつでも前に進めるように。

 

楽しみながらこれからも頑張って行きたいです!

 
アシスタントディレクター  E・H / 報道番組担当(2013年度 新卒採用)
 

 

 

ディレクターになるべく日々一歩ずつ前進しています。

 

今は報道番組のADとして、毎日ニュースや新聞を見て勉強中です!

 

いまでは、できる事も増えてきましたが、

 

まだまだ新米のヒヨッ子…優しく厳しい先輩方に鍛えられ、

 

新しくできた後輩に負けないように日々、成長中!!

 

いつかコーナーを任せていただけるようなディレクターになりたいです。

 

 

Q、今の具体的な仕事内容は?

 

A、朝の新聞コーピーから始まり、食事の手配や、

 

  ディレクターがあげてきたニュース原稿をかき集めたり、

 

  本番の生放送スタジオでは、

 

  セカンドフロア(フロアディレクターの補佐)として、

 

  さまざまな紹介モノの位置を決めたり、

 

  キャスターさんに新原稿を入れたりとやることがいっぱいです。

 

 

Q、やりがいを感じるところは?

 

A、自分が関わったニュースやコーナーが実際に放送されることが嬉しいです。

 

  近い将来、実際に自分がディレクターとして、そうなれるように頑張りたい。

 

 

Q、この業界を目指す若者たちに一言!

 

  甘くはないテレビ業界だけど、やりがいは十分あります。

 

  周りには凄腕のディレクターさんばかりですごく勉強になります。

 

  最初は不安だらけだけど、夢を抱いて、門をたたいて下さい。

 

   
アシスタントディレクター  M・Y  / 阪神タイガース担当(2014年度 新卒採用)
 
 

 

まだ入社したばかりで、まだ出来ることはない私ですが、

 

野球に詳しいことと、ただ、まじめだということだけをかっていただき、

 

入社早々、阪神タイガースの公式ホームページでの写真をアップする作業を

 

任せていただいております。

 

さらに阪神タイガースの番組のADも任されています。

 

これからは周囲にご迷惑をかけながら、

 

地道にできることを増やしていきたいと思います。

 

 

Q、今の具体的な仕事内容は?

 

A、情報番組と阪神タイガースの番組AD。

 

  阪神タイガースの公式ホームページに写真をアップする作業です。

 

 

Q、やりがいを感じるところは?

 

A、まだ覚えることが多いので、

 

  残念ながらそれを見つける域に達しておりません。

 

  ただ、大好きな阪神タイガースを影で支えられる仕事なので、

 

  毎日、充実した環境で仕事に邁進しています。

 

 

Q、この業界を目指す若者たちに一言!

 

  偉そうなことはまだ何も言えないので、

 

  自分なりに目標を見つけて頑張ってください。

 

 

 

| トップページ | 会社情報 | 制作番組 | スタッフ |